運命の女 1へ(65k)

運命の女

この物語は「ワタクシのワタクシによるワタクシのための」自慰小説です。仮に100人閣下をお慕いする人がいれば100人の閣下像があります。この物語に出てくる閣下像はそのうちの一つに過ぎません。
読んでみたもののむかついた時は外に出て皿でも割ってください。
左の(馬鹿でかい)絵をクリックしたらお話が始まります。